フローリングワックスを業者に依頼して床を長持ちさせよう

住宅

床をカスタマイズしよう

床とは痛みやすいものですが、フロアコーティングを施すことで傷つきにくくすることができます。汚れも落としやすくなります。またフロアコーティング剤はにはいくつかの種類があり、それらを選択することで好みの床を実現することができます。

室内

5種類のコーティング剤

フロアコーティングでは、フロアに適したコーティング剤を使うことが大事です。傷がつきやすい場合にはガラス系コーティング剤を、家具によるくぼみを防ぐためにはシリコン系やウレタン系のコーティング剤を使うのです。また施工を短時間で終わらせたい場合には、アクリル系や紫外線硬化性のコーティング剤を選択します。

フローリングを守るため

床

美しく頑丈な仕上がりに

フローリングを衝撃や摩擦から守るために、多くの人が業者にフローリングワックスを依頼しています。もちろん施工には費用がかかりますが、フローリングの寿命が長くなれば、その分張り替えなどのリフォームに多くの費用をかけずに済むようになります。つまりフローリングワックスをおこなった方が、長い目で見た場合の経済的な負担が少なくなるということです。フローリングワックスは、個人でもおこなうことが可能ですが、業者に依頼した方が美しく頑丈な仕上がりとなります。なぜなら業者は、最初に古いワックスと、フローリングの溝にある細かな汚れとをしっかりと除去するからです。これらが付着している状態で新しいワックスを塗ると、表面に凹凸が生じたり、すぐに剥がれたりすることがあるのです。また、フローリングの上にソファーやベッドなど重い家具が設置されていた場合、業者はもちろんそれを別の場所に運び出してから作業を開始します。運び出すことのできない備え付けの家具などには、ワックスが付着しないように、マスキングテープを貼ります。こういった準備をしっかりとおこなってもらえる点も、フローリングワックスを業者に依頼するメリットのひとつとされています。フローリングワックス後には、フローリングは丈夫になる上に、手入れをしやすい状態になります。飲み物などをこぼしても、比較的スムーズに拭き取ることができるので、その分見た目の美しさも保たれやすくなると言えます。ただしワックス自体が1〜2年で劣化するので、効果を維持するためには、定期的に業者に依頼することが大事です。